「ジェンマ」
gemma

オリエンステラgemmaシリーズは「木の芽」が持つ成長能力に着目し、ジェモセラピーをもとにして開発したシリーズです。また、その内容には、環境社会の配慮を考えた製法、有効成分、容器などすべての工程や処方に妥協のない考え方で造られました。日本ではまだ少ない「コスモスオーガニック認証」を取得したその内容成分の99%が天然由来、使用している植物原料に至っては99%がオーガニック認証成分です。

ジェンマの有効成分

新芽のブナのもつ有用性に着目

生命力が強く『永遠の若々しさを保つ樹』と言われるブナ。

ジェモセラピーの中で、特に生命力が強く、高い細胞代謝があることで『永遠の若々しさを保つ樹』と言われ、その高い有用性を持つのがブナです。日本でもブナは有名で、白神山地のブナ原生林が"世界遺産"に指定されています。森を守る大切な樹木として日本人に愛されてきたブナが、欧米ではブナを使用したジェモセラピーとして使用されています。gemma for women ではヨーロッパブナの芽エキスを採用しました。このヨーロッパブナの芽エキスが肌の潤いとハリを取り戻してくれます。

         

ツバキ種子油

ツバキ種子油は、人間の皮脂構成に大変近い植物性の天然オイルです。皮脂の主成分に近いオレイン酸を約80%も含みます。

植物油の中でも不乾性油の為、そのエモリエント効果(水分蒸発抑制作用)で髪やお肌を長時間乾燥から守り、潤いと艶を与えなめらかにします。また、皮膚の新陳代謝を活発にし、紫外線から肌を守り(吸光)、シミ、ソバカス等も防ぎます。酸化安定性にも優れているのも特徴です。

         

4.クランベリー種子油

1Kgのオイルを作るには約2トンのクランベリーの種子が必要なほど貴重なオイルです。それゆえ「オイルのダイヤモンド」と言われます。

世界でも最もユニークな「オメガ-3、オメガ-6、オメガ-9」の脂肪酸構成を持ち、健康な皮膚を保持するのに重要な栄養素を含んでいると言われています。人間の体では生成できないオメガ-3, オメガ-6の脂肪酸を唯一理想的な1:1の割合で含有するオイルで、抗炎症効果とコラーゲンやエラスチンなどの合成を促し、皮膚の脂質バリア機能を保護・強化し保湿を助けます。

また、クランベリーシードオイルで見つけられた高濃度の「トコトリエノール」はビタミンEの一種で、強力な抗酸化力と紫外線ストレスから効率的に皮膚を保護(UV保護)してくれます。クランベリーシードオイルは、この「トコトリエノール」を植物オイルの中でNO.1の含有量を誇っています。また、クランベリーには「キナ酸」という成分も含まれ強い殺菌作用と老廃物の排出をスムーズにするデトックス効果も持ち合わせています。

この他にトコフェロール、トコトリエノール、植物ステロール、りん脂質、およびビタミンAを含んでいます。皮膚への浸透性も高く、乾癬や湿疹などに高い効果を発揮(特に痒みの緩和)すると近年の研究でわかりました。 ヘアケアでは、髪のうるおいを強化して、頭皮に湿気を与えると言われています。

  

エーデルワイス花・茎エキス

高山植物として有名なエーデルワイスは抗酸化作用や活性酸素の除去作用が強いことで有名です。

エーデルワイスエキスは、コラーゲンやヒアルロン酸を分解する酵素を抑制したり、チロシナーゼ活性を抑える作用、消炎作用、殺菌作用などが相乗的にはたらき、アンチエイジング・ホワイトニング効果に優れた成分として用いられます。また、クロロゲン酸、タンニン、ビサボラン誘導体などを含み、高い高酸化作用によりシワやたるみを防止します。現在は、アンチエイジング化粧品や、日焼け前後のケアなどに、お肌の保護・再生・保湿を目的に使われています。